検索
  • 豊穂会

本日は二十四節気「雨水」


本日は二十四節気の「雨水」

雪が降っていたものが雨へとかわり、氷も溶ける時期。

農耕の準備を始める目安とされておりました。

そして、明日は雨水の初候「土脉(脈)潤い起こる」

あたたかくなった雨がふり、大地が潤い自然界に春がきざす頃。

雨水を過ぎたあたりから、各神社でも御祭が行われはじめ、早くも秋の豊作や天候に恵まれることを願います。

先人たちは、苗を植える前から事前の準備として神様に祈るという段階があり、どれだけ大切に農作物を育てていたか想像がつきます。

0回の閲覧0件のコメント
 
  • Facebook
  • Instagram

©2019 by 豊穂塾(マナー、和文化、神道講座). Proudly created with Wix.com